公認会計士の年収ってどれぐらいかというと、大手の監査法人に就職した場合の初年度で約480万円です。 これは残業(超過勤務、超勤、時間外労働ということもあります)代を抜きにした年収ですから、一般企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)と比べると年収が高い職業と言えますね。 公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格した方の殆どが、まずは監査法人に就職しますから、最低の年収でこれくらいでしょう。 それから実務経験を経て、40歳程度になると公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の平均の年収は700万円程度だといえると思います。 ただし、公認会計士の最高年収は、1千2百万円程度で高止まりしてしまう傾向にあるようです。 その為、経験を積んで独立開業する公認会計士の方も多いと言われています。 独立すればその実力にもよりますが、年収1億円も夢ではありません。 純粋な監査証明の仕事だけではなく、各企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)のコンサルティングの仕事をすることで、その収入をUPさせることができます。 つまり、監査法人に一生勤めるのではなく、独立したり一般企業へ転職したり、または、コンサルティングの副業(最近では、ネットオークションなどでかなりの利益を上げる人も増えているみたいですね)を持ったりする事で、年収をアップさせる事も出来るというわけですねー